Just another WordPress site
6

撮影日記

撮影日記

マツエPの撮影日記5

ナオミのアパートでの撮影は、深夜遅くまで、、、というか、明け方までに及びました。とても暑い中、山中さん、下石さん始め、スタッフの皆さんが一生懸命に撮影していたのが印象的です。

僕に出来たのは、栄養ドリンクとアイスクリームを買ってくる事くらいです。「こういう時に、自分は無力だなー。。。」なんて思いつつ、アパートを見上げて写真をぱちりと撮りました。

しかしこのペースで全部紹介できるのだろうか、、、不安になってきました。。。

廣田くん

廣田くんに今回映画に出てもらいました。

っていうか広田くんって感じなんですけど。本名は廣田らしいです。

難しい!

廣田亮平くんとは冨樫監督の「あの空をおぼえてる」の助監督をした時に一緒に仕事しました。

当時廣田くんは小学校5年生でした。

廣田くんはいわゆる売れっ子の子役でそれはそれはいろんな映画やドラマに出てるのです。

そういう子役はたくさんいますが、正直なんかこう汚れた子どもっつうかオトナびた子役が多くてげんなりすることもあります。

でも、そりゃそうだべ、ちっちゃい頃からそんな仕事してりゃそうもなるべ、とも思います。

でも廣田くんはそうじゃなかった。

いい子だった。子役の嫌なとこがなくてスタッフ、キャストからみんなに愛されてた。お母さんがいいんですね。と、思います。

冨樫さんはオーディションでキャストを選ぶ時に「自分が好きになれて一緒に映画撮りたい」と思う子を選ぶ。と言ってましたが、ホントそんな感じです。

いや性格最悪でも芝居がよけりゃもちろんそれでいいんですけど。

出来れば好きな人と一緒がいいです。

廣田くんは深夜まで撮影して撮影場所からホテルに戻って来た時にうんともすんとも起きないので、だっこして部屋まで送ったり(次の日「昨日はすいませんでした」と謝ってました)岐阜の信長祭りに一緒に行ったりした思い出があります。

バカバカンスという映画の上映を横浜のジャック&ベティという映画館でやった時も見にきてくれました(但しその日運動会があったとかでほとんど熟睡してたようです)

そんな廣田くんもあれから数年、今や中二。思春期真っ最中です。

ややこしい年頃です。

廣田くんの役は当て書きしました。

出てくれるだろう、と思って書きました。

廣田くんとはたまにメールのやりとりをしていて最近ギターを始めたとか聞いていたので、そういう設定にしました。

これからバンドをやろうとしている中学生の男の子の役をやってもらいました。

久々にあった廣田くんはもちろん大きくなっていて声変わりもしていました。

ひょっとしてすげーおっさんみたいになっていたらどうしよう?とも思っていましたが、ソウテーした感じだったのでホッとしたのでした。

しかし中二ってややこしいです。

戻りたくない年頃です。

あれからもう20年以上たち、ダイブおっさんになりました。

けど、結局あんま変わってない気が最近しました。

ホントはもっとクールに生きたいもんですが、そうも行きませんなぁ。

困ったもんです。

写真はエキストラで出てもらった冨樫監督と廣田くんの撮影現場での久々の再会写真です。

なんだか楽しそうです。

良かった良かった。

                     宮田宗吉(監督)

マツエPの撮影日記4

スタジオシーンの撮影の様子です!!実はバンドメンバーチームはクランクインよりも一足早くスタジオにてリハーサルをしていました。みんな、初めて触る楽器に悪戦苦闘しながらも、少しずつモノにしていく様子を見ていると、役者さんってすごいなーって思いました。

マツエPの撮影日記3

写真は吉祥寺での撮影の模様です。今回は毎日20名程の撮影スタッフで行動していました。やはりモノツクリの現場なので、お互いにぶつかりあったり、ピリピリしたり、イライラしたりする場面も多少ありましたが、振り返ってみるととても和やかな印象です。

みんなが真剣にぶつかりあうのを体験できたのは僕自身の一生の財産になります。

マツエPの撮影日記4


スタジオシーンの撮影の様子です!!実はバンドメンバーチームはクランクインよりも一足早くスタジオにてリハーサルをしていました。みんな、初めて触る楽器に悪戦苦闘しながらも、少しずつモノにしていく様子を見ていると、役者さんってすごいなーって思いました。

キムくんと荒井くん

今回主人公ナオミの元カレ荒井くん役をやってくれた小林且弥くんは昔キムくんでした。

もう7年くらい前のことです。

僕が助監督でついた風間志織監督の「せかいのおわり」という映画で主人公中村麻美の元カレのキムくん役をやっていたのでした。

まだ20そこそこの若々しい青年でした。

出番は少なかったけど真面目な人だなぁという印象を持ちました。

今回キャストを探してる時にたまたま小林くんの最新主演作品「ランニング•オン•エンプティ」

の監督の佐向さんに出会いました。

で小林くんのことを思い出しました。

僕の印象の中ではまだ20ぐらいでした。

が、人は平等に年をとります。

もう20代の終わりじゃないか、よく考えてみりゃ、よく考えてみなくても。

荒井くんはプロサーファーでバツイチでぶっきらぼうで、でもかわいげがあって••という役だしぴったしです。

そしてマネージャーさんに連絡をとり出演してもらった次第です。

衣裳合わせで久しぶりに会った小林くんは立派になってました。

何て言うか立派になってました。

こっちが進歩してないですからね。オトナだなぁ小林くん!って感じ。

撮影中、僕のアパートで小林くんが支度しました。

で、

あ!と思いました。

小林くんは前も僕のアパートに来たぞ。

今のアパートに引っ越して来る前、仙川のアパートに住んでる時でした。

「せかいのおわり」で中村麻美が携帯で撮ったキムくんの写真とか2ショット写真を泣きながら消すシーンがあります。その携帯画面を僕のアパートで撮ったのです。

バースディケーキを食べてる写真とか中村麻美がほっぺにキスしてる写真とか部屋シリーズの他、近所のバーミヤンとかバッティングセンターとかも行って撮りました。キムくんはパンクスなので「パンクスのパンク修理」っていう自転車のパンク修理してる写真なんてのも撮りました。ダジャレですね。

で、それ以来アパートに再びやってきた小林くん。

前のアパートにも来て今のアパートにも来た役者さんは小林くんだけです。

だから、どうなんだ?

って聞かれても困ってしまいますが。

何だか不思議な感じ。

小林且弥は二度アパートに来る!

                 宮田宗吉(監督)

マツエPの撮影日記3

 写真は吉祥寺での撮影の模様です。今回は毎日20名程の撮影スタッフで行動していました。やはりモノツクリの現場なので、お互いにぶつかりあったり、ピリピリしたり、イライラしたりする場面も多少ありましたが、振り返ってみるととても和やかな印象です。

 みんなが真剣にぶつかりあうのを体験できたのは僕自身の一生の財産になります。

 どの写真を見てもその時の事が瞬時に蘇ってきます。

 そんな私情はさておき、スクリーンを通してみてくれた方が何かお土産を持って帰れるような作品になると、僕自身とても幸せに思います!

真空時間から

真空時間という短編映画

を撮りました。

もう3年前の話です。

今回の映画の主役の下石奈緒美さんがこっちでも主役をやっています。

下石さんのバンドappledoreのいさむくんに依頼されて作ったのです。

いさむくんとはその前の年にバカバカンスという映画の準備中に知り合いました。んで、バカバカンスの音楽を手伝ってもらったり、ラジオ番組のDJ役として下石さんと一緒に声だけ出演してもらいました。

真空時間はappledore の曲のタイトルです。

その曲をモチーフに映画を撮って下さいとのことでした。

で、シナリオ書いて撮りました。

30分の作品です。

PVバージョンもあります。

この時も千葉に撮影に行きました。銚子とか九十九里とか。

その時の下石さんは挫折したカメラマンの役でした。

行き場所もなく何となくバスに乗って海まで行ってしまうお話。

銚子のバスを借り切って撮影しました。

んなことあっての三年ぶりの下石さんの主演映画。

下石さんを主役にすることは去年の暮れには決めてました。

そしてシナリオを書いたのです。

当て書きってヤツです。

だからバンドマンの話しにしようとまず決めました。

だって本人がバンドマンなんだし。

で、色々話しを聞いたりしながらシナリオ書きました。

なかなか書き上がらず、最初に出来た第一稿は長かったです。

今のシナリオの倍近くありました。

バンドやめて結婚して銭湯の奥さんになって離婚するお話でした。

でも、よく考えたら自分は離婚したことないし。

離婚するって大変なことだ。離婚するまでのお話になってないぞ、これは。

ていうか、そもそも結婚もしていないぞ俺は。いい年してさ。

結婚生活の機微も未だ知らず。

なので、そのお話はやめました。

わかんないこと書くのはやめよう。

で、シナリオを書き直し始めたのです。

頭の中にあったのは、

バンドはいつか解散する。恋もいつか終わるように。

ってことでした。

           宮田宗吉(監督)

マツエPの撮影日記2

ソムリエスクールの撮影の様子です!!この日はとても蒸し暑い中、長時間の撮影となりました。エキストラで参加してくれた皆さんにも感謝!!であります。

エキストラの方の中でも、出番のある方、ない方がいて、出番待ちの方と喫茶室で色んな話ができたのが印象的です。

本編ではどのような仕上がりになっているのかとても楽しみであります!!

マツエPの撮影日記1

6月中旬。ついに『あまっちょろいラブソング』クランクイン!!であります。初日はライブハウスでのライブのシーンの撮影。朝ライブハウスの中はまさに今ライブが終わった!という雰囲気で、なんだか錯覚しそうになりました。

ちなみにロケ地は吉祥寺Planet K。今回の映画をつくるきっかけになった。INDEPENDENCE DAY吉祥寺というイベントを企画しているライブハウスです。このイベントは、吉祥寺にあるライブハウス店舗が集まって、若い力で吉祥寺を盛り上げようと昨年から始まりました。

一枚のチケットでPlaenet K、シルバーエレファント、WARP、SHUFFLEの4店舗が行き来自由となります。このイベントは9月5日(日)に開催されるそうなので、音楽好きな方は要チェックです!!

さて、シーンでは主演の下石奈緒美さんと、山田キヌヲさん、岡部尚さん、伊藤俊輔さん、櫛野剛一さんがインしました!!みんな初対面ですが、とてもいい雰囲気で撮影がスタートしてホット一息!!と思いつつも、長い撮影期間は始まったばかり!!と気が引き締まる思いでありました。

宮田監督はじめ、助監督の3人の真剣な表情が印象的な写真をアップしておきます。リハーサル中ですが、岡部さんがちゃんと酔いつぶれているところもさすが!な一枚であります。